忍者ブログ
2008年2月15日オープン
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さあいよいよ決勝戦を残すのみだ。

決勝戦は東邦高校と習志野高校の試合となった。

1回裏に東邦は2番の杉浦選手が
ファアボールを選んで出塁して
ワンナウト1塁として、3番の石川選手の
センターバックスクリーンに入る
ツーランホームランで2点を取り、
5番の長屋選手がセンター前ヒットで
出塁して6番の吉納選手がレフト線を破る
スリーベースで1点を取り3-0とした。

5回裏にも東邦は9番の山田選手が
ピッチャー強襲ヒットで出塁して
ノーアウト1塁として、1番の松井選手が
ピッチャー前の犠牲バントで2塁に
進めてワンナウト2塁として、
次の杉浦選手が空振り三振で
ツーアウト2塁として3番の石川選手の
ライトスタンドに入るツーラン
ホームランで2点を取り5-0とした。

8回裏にも東邦は3番の石川選手が
ライトオーバーのツーベースヒットで
出塁してノーアウト2塁として、
4番の熊田選手がピッチャー前の
犠牲バントで3塁に進めて、5番の
長屋選手がライトへの犠牲フライで
1点を取り6-0として東邦高校が優勝した。
習志野が0敗で負けてスカッとした。

東邦高校は平成元年の選抜大会にも
優勝している。

そして平成最後の選抜大会にも優勝した。
これが今大会の東邦高校の目標だった
わけだがそれは簡単なことではない
どの高校も優勝を目指して戦っているの
だからその高校に勝つのは簡単ではない、
よく勝てたと思う。

さあ次は春夏連覇だがこれも簡単ではない。

夏の愛知県大会で優勝するのが難しいからだ!!

全国有数の激戦区の愛知県大会で
優勝するのは大変だ。

でも僕は東邦高校が全国大会に
出てくるのを信じていたい。

また夏の選手権大会で再び
東邦高校の勇姿が見たいと思う。
PR
準決勝の第1試合は全く関心はない。

第2試合は東邦高校と
明石商業高校の試合となった。

7回裏に東邦は4番の熊田選手が
ファアボールを選んで出塁して
ワンナウト1塁として、次の長屋選手が
レフトフライでツーアウト1塁として、
6番の河合選手デッドボールで出塁して
ツーアウト1,2塁として、
7番の吉納選手がレフトスタンドに入る
スリーランホームランで3-0とした。

8回表に明石商業は3番の重宮選手が
右中間を破るツーベースヒットで
出塁してツーアウト2塁として、
4番の安藤選手がライトスタンドに入る
ツーランホームランで2点を取り
3-2と1点差とした。

8回裏に東邦は1番の松井選手が
ファアボールを選んで出塁して
ワンナウト1塁として、2番の杉浦選手の
キャッチャーの犠牲バントを
キャッチャーが1塁悪送球して
カバーしたセカンドが打者走者を
2塁で刺そうと2塁に悪送球する間に
1塁ランナーホームに生還して
1点を取り4-3で東邦高校が勝利した。

準決勝はこれで終わりである。
準々決勝の第1試合は市立和歌山高校が
負けて悔しいから振り返らない。

第2試合は龍谷大平安高校が負けて
悔しいから振り返らない。

第3試合は東邦高校と
筑陽学園の試合となった。

最初に断っておくが筑陽学園の
得点シーンは一切振り返らない。

4回表に東邦は6番の長屋選手が
レフト前ヒットで出塁して
ワンナウト1塁として、7番の
河合選手もレフト前ヒットで
出塁してワンナウト1,2塁として、
8番の成沢選手の右中間を破る
2点タイムリーツーベースで
2点を取り2-0と先制した。

6回表にも東邦は6番の長屋選手が
センター前ヒットで出塁して
ワンナウト1塁として、7番の
河合選手がライト線を破る
ツーベースヒットでワンナウト
2,3塁として、8番の成沢選手が
ファアボールを選んで出塁して
ワンナウト満塁として、9番の
山田選手の左中間を破る2点
タイムリーツーベースヒットで
2点を取りなおワンナウト2,3塁
として、1番の松井選手のレフト線を
破るタイムリーツーベースヒットで
1点を取りなおワンナウト2,3塁
として、2番の杉浦選手のセンター前
タイムリーヒットで1点を取り
なおワンナウト1,3塁として、
次の石川選手がセンターフライで
ツーアウト1,3塁として、4番の
熊田選手のライト前タイムリー
ヒットで1点を取り7-1とした。

1点取られて7-2とされたが
結局そこまでで7-2で東邦高校が
勝利した。

第4試合は明石商業高校と
智弁和歌山高校の試合となった。
最初に断っておくが智弁和歌山の
得点シーンは一切振り返らない。

1点リードされた明石商業は
1回裏に反撃を開始した。

1番の来田選手がライトスタンドに
入る先頭打者ホームランで1点を取り
1-1の同点とした。

2番の水上選手がレフト線を破る
ツーベースヒットでノーアウト2塁
として、3番の重宮選手のピッチャー前の
犠牲バントでランナーを進めて
ワンナウト3塁として、4番の安藤選手の
ショートゴロで3塁ランナーホームに
生還して1点を取り2-1と逆転した。

2回裏に明石商業は8番の清水選手が
サードへの内野安打で出塁して
ワンナウト1塁として、9番の中森選手が
ライト線へのヒットで1塁ランナーが
3塁に進んでワンナウト1、3塁とし
1番の来田選手がレフトへの犠牲フライで
1点を取り3-1とした。

9回まで同点で9回裏に明石商業は
1番の来田選手がライトスタンドに入る
サヨナラホームラン4-3として
明石商業高校が勝利した。

準々決勝の試合はこれで終わりである。
3月30日はちょっと悔しい
春の1日と言えるだろう。

第1試合と第2試合は好きな高校が
勝ったからいいが
第3試合は振り返らない。

第1試合は東邦高校と
広陵高校の伝統校同士の試合となった。

1回表に東邦は2番の杉浦選手が
ファアボールを選んで出塁して
ワンナウト1塁として、3番の
石川選手がサードゴロでツーアウト
1塁として、1塁ランナーが2塁に
盗塁を成功させてツーアウト
2塁として、4番の熊田選手が
ファアボールを選んで出塁して
ツーアウト1,2塁として、
5番の吉納選手のライト前
タイムリーヒットで1点を取り
1塁ランナーが3塁に進んで
ツーアウト1、3塁として6番
長屋選手のレフト前タイムリー
ヒットで1点を取り2-0とした。

3回表にも東邦は3番の
石川選手がレフトスタンドに入る
先頭打者ホームランで1点を取り
4番の熊田選手がセンター前
ヒットで出塁してノーアウト
1塁として、5番の吉納選手が
センターフライでワンナウト
1塁として、6番の長屋選手が
レフト前ヒットで出塁して
ワンナウト1、2塁として、
2塁ランナーが3塁に盗塁を
成功させて、1塁ランナーが
2塁に盗塁を成功させて
ワンナウト2、3塁として、
7番の河合選手のライト前
タイムリーヒットで1点を取り
なおワンナウト1、3塁として、
8番の成沢選手のレフトへの
犠牲フライで3塁ランナーが
ホームに生還して1点を取り
ツーアウト2塁として、9番の
山田選手のレフト線を破る
タイムリーツーベースヒットで
1点を取り6-0とした。

7回表にも東邦は3番の石川選手が
レフト前ヒット出塁して
ノーアウト1塁として、4番の
熊田選手がセンター前ヒットで
1塁ランナーが3塁に進んで
ノーアウト1、3塁として、
5番の吉納の右中間を破る
2点タイムリーツーベースヒットで
2点を取り、なおノーアウト
2塁として、次の長屋選手が
ショートゴロでワンナウト
2塁として、7番の河合選手の
ライト線を破るタイムリー
スリーベースで1点を取り
9-0とした。

8回表にも東邦は1番の松井選手が
ショートへの内野安打で出塁して
ノーアウト1塁として、2番の
杉浦選手の右中間を破る
タイムリースリーベースで
1点を取りノーアウト3塁として、
3番の石川選手がレフトへの
犠牲フライで3塁ランナーが
ホームに生還して1点を取り
なおワンナウトランナー無しとして、
4番の熊田選手がレフト線への
ヒットで出塁してワンナウト
1塁として、次の吉納選手が
空振り三振でツーアウト1塁として
1塁ランナーが2塁に盗塁を
成功させてツーアウト2塁として、
6番の長屋選手がセンター前
タイムリーヒットで1点を取り
12-0とした。

8回裏に広陵は反撃を開始した。

2番の中富選手が右中間を破る
スリーベースで出塁してノーアウト
3塁として、3番の岑選手が
ファアボールを選んで出塁して
ノーアウト1、3塁として、
次の中村選手がサードゴロで
3塁ランナーが三本間に挟まれて
タッチアウトでワンナウト
1、2塁として、次の児玉選手が
センターフライでツーアウト
1、2塁として秋山選手の
ライトオーバーの2点タイムリー
ツーベースヒットで2点を取り
12-2としたがそこまでで
12-2で東邦高校が勝利した。
伝統校同士の試合で期待したが
一方的な試合となってしまって残念だった。
第2試合は明石商業高校と
大分高校の試合となった。

最初に断っておくが、大分の
得点シーンは一切振り返らない。
1回表に明石商業は1番の
来田選手がサードフライで
サードが落球する間に2塁に
進んでノーアウト2塁として、
2番の水上選手がピッチャー前の
犠牲バントで3塁に進めて
ワンナウト3塁として、3番の
重宮選手がファーストへスクイズを
決めて1点を取り1-0と先制した。

2回表にも明石商業は5番の
岡田選手のレフトスタンドに入る
ホームランで1点を取り6番の
溝尾選手がライト前ヒットで
出塁してノーアウト1塁として、
7番の河野選手がピッチャー前の
犠牲バントでワンナウト2塁として、
8番の清水選手がデッドボールで
出塁してワンナウト1、2塁として、
9番の宮口選手がピッチャーの
犠牲バントでランナーを進めて
ツーアウト2、3塁として、
1番の来田選手の右中間を破る
2点タイムリースリーベースで
2点を取りなおツーアウト3塁として、
2番の水上選手がファアボールを
選んで出塁してツーアウト1、3塁と
3番の重宮選手のセンター前
タイムリーヒットで1点を取り
5-1とした。

4回表にも明石商業は9番の中森選手が
センターバックスクリーンに入る
ホームランで1点を取り2番の
水上選手が左中間を破る
ツーベースヒットで出塁して
ツーアウト2塁として3番の
重宮選手のレフト前タイムリー
ヒットで1点を取り7-1とした。

5回表にも明石商業は7番の
河野選手がレフト前ヒットで
出塁してツーアウト1塁として、
2塁に盗塁を成功させてツーアウト
2塁として、8番の清水選手の
レフト前タイムリーヒットで
1点を取り8-1とした。

7回表にも4番の安藤選手が
右中間を破るスリーベースヒットで
出塁してノーアウト3塁として、
5番の岡田選手のレフトへの
犠牲フライで9-1とした。

8回表にも明石商業は8番の
清水選手がファアボールを選んで
出塁してノーアウト1塁として、
次の中森選手が空振り三振で
ワンナウト1塁として、1番の
来田選手がライト前ヒットで
出塁して1塁ランナーが3塁に
進んで、ライトの落球の間に
打者走者も2塁に進んでワンナウト
2、3塁として、2番の
水上選手がデッドボールで
出塁してワンナウト満塁として、
3番の重宮選手のセンター前
2点タイムリーヒットで2点を取り
1塁ランナーが3塁に進んで
ワンナウト1、3塁として、
4番の安藤選手のショートゴロを
ショートが打球を弾く間に3塁
ランナーがホームに生還して
1点を取りワンナウト1,2塁
として、ボークで1塁ランナーと
2塁ランナーがそれぞれ進んで
ワンナウト2、3塁として、
次の岡田選手が空振り三振で
ツーアウト2、3塁として、
7番の河野選手がファアボールを
選んで出塁して押出のファアボール
として1点を取り13-1として後に
13-4とされたが結局
明石商業高校が勝利した。
この3日間、毎日めちゃくちゃ悔しい
春の1日ばかりだ。

まったく腹の立つ毎日だ!!
3月29日も悔しい1日だった。

第1試合は札幌大谷高校が負けて
悔しいから振り返らない。

第3試合は山梨学院高校が負けて
悔しいから振り返らない。

第2試合は龍谷大平安高校と
盛岡大付属の試合となった。

龍谷大平安は1回裏に2番の
北村選手がサードへの内野安打で
出塁してワンナウト1塁として、
3番の多田選手がライト前ヒットで
出塁してワンナウト1、2塁として、
4番の水谷選手がファアボールを
選んで出塁してワンナウト満塁
として、5番の奥村選手もファアボールを
選んで出塁して押出のファアボール
となり1点を取りなおワンナウト
満塁として、6番の三尾選手が
ライト前2点タイムリーヒットで
2点を取り3-0とした。

5回表に盛岡大付属は反撃を開始した。
8番の及川選手がレフト前ヒットで
出塁してノーアウト1塁として、
9番の木内選手がピッチャー前の
犠牲バントで2塁に進めて
ワンナウト2塁として、1番の
佐々木選手がライト前ヒットで
出塁してワンナウト1、3塁として、
2番の峰選手がセンターへの
犠牲フライで3塁ランナーが
ホームに生還して1点を取り
3-1とした。

6回裏にも龍谷大平安は4番の
水谷選手がデッドボールで出塁して
ノーアウト1塁として、5番の
奥村選手がセンター前ヒットで
出塁して1塁ランナーがヒット
エンドランが掛かっていて
3塁に進んでノーアウト1,3塁
として、次の三尾選手が見逃し
三振でワンナウト1,3塁として、
1塁ランナーが2塁に盗塁を
成功させてワンナウト2、3塁
として、7番の西川選手のセンター前
2点タイムリーヒットで2点を取り
ワンナウト1塁として、次の
半保選手がセンターフライで
ツーアウト1塁として、9番の
野沢選手がファーストへの内野安打で
ツーアウト1、2塁として、
2塁ランナーが3塁に盗塁を
成功させて1塁ランナーが2塁に
盗塁を成功させてツーアウト
2、3塁として、1番の中島が
セカンドへのタイムリー内野安打で
1点を取り6-1とした。

7回裏にも龍谷大平安は2番の
北村選手がデッドボールで出塁して
ノーアウト1塁として、3番の
多田選手がピッチャー前の
犠牲バントで2塁に進めて
ワンナウト2塁として右中間を破る
タイムリースリーベースで
1点を取りなおワンナウト3塁
として、次の奥村選手のショートゴロで
3塁ランナーがホームに突っ込んだが
アウトになりツーアウト1塁として、
6番の三尾選手がセカンドへの
内野安打でツーアウト1、2塁として
7番の西川選手の右中間への
タイムリーヒットで8-1とした。

8回裏にも龍谷大平安は9番の
野沢選手がファアボールを選んで
出塁してノーアウト1塁として、
1番の中島選手がピッチャー前の
犠牲バントで2塁に進めて
ワンナウト2塁として2番の
北村選手がファーストライナーで
ツーアウト2塁として3番の多田選手の
ライト前タイムリーヒットで
1点を取り9-1として
龍谷大平安高校が勝利した。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
バーコード
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 小中の航海日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]