忍者ブログ
2008年2月15日オープン
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

8月12日の第1試合は広陵高校と

二松学舎大学附属高校の試合となった。

 

二松学舎大付属は1回裏に

1番の右田選手がライト前ヒットで

出塁してノーアウト1塁として、

2番の揚野選手がファースト前の

犠牲バントで2塁に進めてワンナウト

2塁として、3番の平間選手が

ピッチャーへの内野安打でワンナウト

2塁として、4番の保川選手の

左中間を破る2点タイムリーツーベース

ヒットで2点を取り0-2とした。

 

4回表に広陵高校は6番の松本選手が

デッドボールで出塁してワンナウト1塁

として、7番の藤井選手がレフト前

ヒットで出塁してワンナウト1,2塁として、

8番の鉤流選手がファアボールを選んで

ワンナウト満塁として、次の森悠選手が

セカンドフライでツーアウト満塁として、

1番の高田選手のレフト前タイムリーヒットで

1点を取り1-2として1点を返した。

 

5回表にも広陵高校は3番の福光選手の

レフトスタンドに入るソロホームランで

2-2の同点に追いついた。

 

7回裏に二松学舎大付属は7番の有馬選手が

ライト前ヒットで出塁してノーアウト1塁

として、8番の山田選手のサード前の

犠牲バントをサードが2塁でアウトにできると

思い2塁に送球したがセーフとなりノーアウト

2塁として、9番の岸川選手がキャッチャー

前の犠牲バントでワンナウト2,3塁として、

1番の右田選手のライト前2点タイムリーヒットで

2点を取りなおワンナウト1塁として、

2番の揚野選手がファースト前の犠牲バントで

ツーアウト2塁として、3番の平間選手が

デッドボールでツーアウト1、2塁として、

4番の保川選手レフト前タイムリーヒットで

1点を取り2-5として二松学舎大付属高校が

勝ってしまった。

広陵高校が負けて本当に悔しかった。

 

第2試合は浦和学院高校と仙台育英高校の

試合となった。

 

1回表に浦和学院は1番の中前選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト

1塁として、次の矢野選手がピッチャーゴロで

バント失敗となりワンナウト1塁として、

3番の蛭間選手がライト前ヒットでスタートを

切っていた1塁ランナーが3塁に進んで

ワンナウト1,3塁として、次の上野選手が

セカンドフライでツーアウト2,3塁として、

5番の佐野選手の右中間を破る2点タイムリー

ツーベースヒットで2点を取り2-0とした。

 

3回表にも浦和学院は1番の中前選手が

レフト線を破るツーベースヒットで出塁して

ノーアウト2塁として、2番の矢野選手の

右中間を破るタイムリースリーベースヒットで

1点を取りなおノーアウト3塁として、

次の蛭間選手がセカンドゴロでワンナウト

3塁として、4番の上野選手が振り逃げで

暴投の間に3塁ランナーがホームに生還して

1点を取り4-0とした。

 

8回表にも浦和学院は3番の蛭間選手の

レフトスタンドに入るソロホームランで

1点を取り、4番の上野選手がファアボールを

選んでノーアウト1塁として、

5番の佐野選手のセカンドゴロをセカンドが

弾いてライト前に抜ける間に1塁ランナーが

3塁に進んでノーアウト1,3塁として、

次の後藤選手がショートゴロで1塁ランナーが

2塁でアウトになったが、セカンドがホームに

悪送球する間に3塁ランナーがホームに

生還して6-0とした。

 

9回表にも浦和学院は2番の矢野選手が

ショートへの内野安打でワンナウト1塁として、

次の蛭間選手がライトフライでツーアウト

1塁として、4番の上野選手のセンター前

ヒットでツーアウト1,2塁として、

5番の佐野選手のライト線を破る2点

タイムリースリーベースヒットで2点を取り

ツーアウト3塁として、キャッチャーの

けん制悪送球の間に3塁ランナーが

ホームに生還して1点を取り9-0として

浦和学院高校が勝利した。

 

第3試合は星稜高校が負けたから振り返らない。

 

第4試合は高知商業高校と

慶応義塾高校の試合となった。

 

1回表に高知商業は1番の前田選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、2番の西村選手のセンター

オーバーのタイムリースリーベース

ヒットで1点を取り先制した。

 

1回裏に慶応義塾は反撃した。

1番の宮尾選手がレフト前ヒットで出塁して

ノーアウト1塁として、2番の大川選手が

デッドボールで出塁してノーアウト

2塁として、3番の下山選手が

レフト前ヒットで出塁してノーアウト満塁

として、4番の広瀬選手のレフト前

タイムリーヒットで1点を取り

1-1の同点としてなおワンナウト

2塁として、5番の根岸選手の

センター前タイムリーヒットで

1点を取り1-2と逆転した。

 

2回表に高知商業も反撃した。

7番の藤田選手がファアボールを選んで

出塁してノーアウト1塁として、

キャッチャーが後逸する間に2塁に進んで

ノーアウト2塁として、8番の北代選手が

ファースト前の犠牲バントで3塁に

進めてワンナウト3塁として、

9番の浜田選手が振り逃げでワンナウト

3塁として、1塁ランナーが2塁に

盗塁を成功させてワンナウト2,3塁

として、1番の前田選手のピッチャーゴロ

エラーでピッチャーのホームへの悪送球の

間に3塁ランナーがホームに生還して

1点を取り2-2の同点として、

2塁ランナーも3塁に進んでワンナウト

3塁として、2番の西村選手の

レフトへの2点タイムリーツーベースヒットで

2点を取りなおワンナウト2塁として、

3番の乗松選手のレフト前ヒットで

レフトが打球を後逸する間に2塁ランナーが

生還して1点を取り打者走者も2塁に

進んでワンナウト2塁として、

次の藤高選手がショートゴロでツーアウト

3塁として、5番の山崎選手のセンター前

タイムリーヒットで1点を取りなお

ツーアウト1塁として、6番の近沢選手が

セカンドゴロエラーでツーアウト1,2塁

として、7番の藤田選手の右中間を破る

2点タイムリーツーベースヒットで

2点を取り8-2とした。

打者11人を送る猛攻だった。

 

4回表にも高知商業は3番の乗松選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、ピッチャーの暴投の間に

2塁に進んでノーアウト2塁として、

次の藤高選手が空振り三振でワンナウト

2塁として、5番の山崎選手がレフト前

ヒットで出塁してワンナウト1,3塁

として、6番の近沢選手の代打の田嶋選手が

デッドボールで出塁してワンナウト満塁として、

7番の藤田選手のセンター前2点タイムリー

ヒットで2点を取りホームへの送球の間に

打者走者が2塁に進んでワンナウト

3塁として、8番の北代選手選手の

センターへの犠牲フライで1点を取り

なおツーアウト2塁として、2塁ランナーが

3塁に盗塁を決めてツーアウト3塁として、

9番の浜田選手がライト前タイムリー

ヒットで1点を取り12-2とした。

打者9人を送る猛攻だった。

 

5回裏に慶応義塾は2番の大川選手が

ライト前ヒットで出塁してツーアウト

1塁として、3番の下山選手のライト

スタンドに入るツーランホームランで

12-4とした。

 

9回裏に慶応義塾は6番の奥川選手が

ライト線を破るツーベースヒットで

出塁してノーアウト2塁として、

7番の吉川選手の代打の田辺選手が

ライト前ヒットでライトがファンブルする

間に2塁ランナーがホームに生還して

1点を取り、打者走者は2塁に進んで

ノーアウト2塁として、次の善波選手が

ピッチャーゴロでワンナウト2塁として

9番の渡部選手の代打の杉岡選手が

ライト前ヒットでワンナウト1,3塁

として、1番の宮尾選手のライトへの

犠牲フライで1点を取り12-6

としたがそこまでで12-6と

高知商業高校が勝利した。

 

 

(つづく)

PR

8月11日の第1試合は龍谷大平安高校と

鳥取城北高校の試合となった。

 

1回裏に龍谷大平安は1番の水谷選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、2番の安井選手が

ピッチャー前の犠牲バントで2塁に

進めてワンナウト2塁として、

3番の松本選手のライトオーバーの

スリーベースヒットで1点を先制した。

 

4回裏にも龍谷大平安は5番の

馬場選手がセンター前ヒットで出塁して

ノーアウト1塁として、次の田島選手が

併殺打でツーアウトランナー無しと

なったが7番の佐野選手がセカンドへの

内野安打でツーアウト1塁として、

ピッチャーの暴投の間に2塁に進んで

ツーアウト2塁として、8番の小寺選手の

センター前タイムリーヒットで

1点を取り2-0とした。

 

8回表に鳥取城北は7番の垣内選手が

センター前ヒットで出塁して、

次の難波選手がサードゴロで

2塁に進めてワンナウト2塁として、

9番の山下選手のセンター前

タイムリーヒットで1点を取り、

1番の吉田選手のレフトオーバーの

タイムリースリーベースヒットで

2-2の同点に追いついた。

 

同点に追いついかれた龍谷大平安は

9回裏に1番の水谷選手が

ファアボールを選んでツーアウト

1塁として、2塁に盗塁を決めて

ツーアウト2塁として、2番の安井選手の

レフト線へのヒットで3-2と

龍谷大平安高校がサヨナラ勝ちした。

 

第2試合は八戸学院光星高校と

明石商業高校の試合となった。

1回表に八戸学院光星は1番の近藤選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、2番の武岡選手がサード前の

犠牲バントでワンナウト2塁として、

次の長南選手がショートゴロでツーアウト

3塁として、4番の東選手の

ライトスタンドに入るツーラン

ホームランで2-0と先制した。

 

1回裏に明石商業は1番の来田選手が

サード強襲ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、2番の水上選手が

ピッチャー前の犠牲バントで2塁に進めて

ワンナウト2塁として、3番の田渕選手が

ライト前ヒットでワンナウト1,3塁として、

次の右田選手が空振り三振でツーアウト

1,3塁として、1,3塁のランナーが

ダブルスチールで3塁ランナーが

ホームスチールを成功させて

1点を返して2-1とした

 

2回表に八戸学院光星は8番の秋山選手が

左中間を破るツーベースヒットで出塁して

ワンアウト2塁として、9番の福山選手が

ファアボールを選んで出塁して

ワンナウト1,2塁として、1番の

近藤選手のセンターオーバーの

タイムリーヒットで1点を取り

なおワンナウト1、2塁として、

2番の武岡選手のライト前タイムリー

ヒットで1点を取り1塁ランナーが

3塁に進みワンナウト1,3塁として、

3番の長南選手のセカンドゴロを

セカンドが弾く間に3塁ランナーが

ホームに生還して1点を取りワンナウト

1,2塁として、4番の東選手の

左中間へのタイムリーヒットで

1点を取り6-1とした。

打者9人を送る猛攻だった。

 

4回表にも八戸学院光星は

1番の近藤選手がレフト線を破る

ツーベースヒットで出塁してワンナウト

2塁として、2番の武岡選手の

センター前タイムリーヒットで

1点を取り8-1とした。

 

4回裏に明石商業は反撃した。

6番の植本選手がファーストゴロ

エラーで出塁してワンナウト1塁として、

7番の植田選手がレフト前ヒットで

1塁ランナーが3塁に進んでレフトの

3塁送球の間に打者走者も2塁に

進んでワンナウト2、3塁として、

次の山本選手がショートゴロで

3塁ランナーがホームに生還して

1点を取り9番の福谷選手のライト前

タイムリーヒットで1点を取り

ツーアウト1塁として、1番の来田選手が

ファアボールを選んでツーアウト

1、2塁として、2番の水上選手が

センター前ヒットでツーアウト満塁として、

3番の田渕選手のセンター前

2点タイムリーヒットで2点を取り

7-5とした。

 

5回表に八戸学院光星は4番の東選手の

ライトスタンドに入るソロホームランで

8-5とした。

 

7回裏に明石商業は3番の田渕選手が

ファアボールを選んで出塁して

ノーアウト1塁として、4番の右田選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト

1、 2塁として、5番の重宮選手が

ファースト前の犠牲バントで進めて

ワンナウト2,3塁として、

6番の植本選手のセカンドオーバーの

タイムリーヒットで1点を取り

セカンドの内野返球の間に打者走者も

2塁に進んでワンナウト2,3塁として、

7番の植田選手のセンター前タイムリー

ヒットで1点を取りワンナウト1,3塁

として、8番の山本選手がサード前に

スクイズを決めて1点を取り

8-8の同点に追いついた。

 

そのまま延長戦に突入して10回表に

八戸学院光星は6番の矢野選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト

1塁として、7番の下山選手が

デッドボールで出塁してノーアウト

1、2塁として、次の秋山選手が

ライトフライでワンナウト1,2塁として、

9番の中村選手のレフト前ヒットで

レフトが打球をファンブルする間に

2塁ランナーがホームに生還して

1点を取り9-8で八戸学院光星高校が

勝利した。

 

第3試合は聖光学院が負けたから振り返らない。

 

第4試合もふりかえらない。

 

今日を一言で言うとするとめちゃくちゃ

悔しい1日と言えるだろう。

 

 

(つづく)

8月10日もちょっと悔しい夏の1日と

いうことになるだろう。

 

第1試合は敦賀気比高校と木更津総合高校の

試合となった。

 

4回表に木更津総合は3番の山中選手が

デッドボールで出塁してノーアウト1塁として、

4番の野尻選手がファアボールを選んで

出塁してノーアウト1、2塁として、

5番の太田選手がサードへのバントヒットで

ノーアウト満塁として、6番の神山選手の

センターへの犠牲フライで1点を取り

0-1と先制した。

 

6回表に木更津総合は5番の太田選手が

レフト前ヒットで出塁してノーアウト1塁として、

次の神山選手がサードゴロのバント失敗で

ワンナウト1塁として、7番の田中選手が

ライト前ヒットで出塁してワンナウト1、2塁

として、8番の大曽根選手がセンター前

ヒットでワンナウト満塁として、

9番の小池選手選手がファアボールを選んで

出塁して押し出しのファアボールで1点を取り

なおワンナウト満塁として、1番の東選手の

ライトオーバーの3点スリーベースヒットで

3点を取りなおワンナウト3塁として、

2番の神子選手がライト前タイムリーヒットで

1点を取りなおワンナウト1塁として、

次の山中選手がレフトフライでツーアウト

1塁として、1塁ランナーが2塁に盗塁を

決めてツーアウト2塁として、次の野尻選手の

セカンドゴロエラーでツーアウト1、3塁として、

ピッチャーの暴投の間に3塁ランナーが

ホームに生還して1点を取り0-7とした。

 

6回裏に敦賀気比は反撃を開始した。

2番の黒田選手がライト前ヒットで出塁して

ツーアウト1塁として、3番の高橋選手が

ファアボールを選んで出塁してツーアウト

1、2塁として、4番の阪口選手がセンター前

タイムリーヒットで1点を返して1-7とした。

 

8回表に木更津総合は4番の野尻選手が

レフトオーバーのツーベースヒットで

出塁してワンナウト2塁として、

5番の太田選手選手がファアボールを選んで

出塁してワンナウト1、2塁として、

6番の神山選手がファアボールを選んで

出塁してワンナウト満塁として、

次の田中選手がピッチャーゴロでバント失敗

となりツーアウト満塁として、8番の

大曽根選手のレフト前2点タイムリーヒットで

2点を取り、1塁ランナーが3塁に進んで

1塁ランナーが2塁に盗塁を決めて

ツーアウト2,3塁として、ピッチャーの

暴投の間に3塁ランナーがホームに生還して

1点を取り1-10として木更津総合高校が

勝ってしまった。

 

第2試合は日本大学第三高校と

折尾愛真高校との試合となった。

 

1回表に折尾愛真は1番の長野選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト

1塁として、次の斉藤選手がファーストゴロで

ワンナウト2塁として、3番の松井選手が

ライト前ヒットで出塁してワンナウト

1、3塁として、4番の上地選手のレフトへの

犠牲フライで1点を取り0-1と先制した。

 

しかし1回裏に日大三高はすぐに反撃を開始した。

2番の木代選手がファアボールを選んで

出塁してノーアウト1塁として、3番の

日置選手もファアボールを選んで出塁して

ワンナウト1、2塁として4番の大塚選手も

デッドボールで出塁してワンナウト満塁として、

5番の中村選手もファアボールを選んで出塁して、

押し出しのファアボールで1点を取り

1-1の同点としてなおワンナウト満塁として、

6番の佐藤コビイ選手のセンター前2点

タイムリーヒットで2点を取りなお

ワンナウト1,2塁として、ピッチャーの

暴投の間に1塁ランナーと2塁ランナーが

それぞれ進塁してワンナウト2,3塁として、

7番の上野選手が左中間を破る2点タイムリー

スリーベースで2点を取りなおワンナウト3塁

として、8番の柳沢選手のセンター前

タイムリーヒットで1点を取りなおワンナウト1塁

として、9番の佐藤英雄選手がライト前ヒットで

出塁してワンナウト1,2塁として、

次の金子選手がサードライナーでツーアウト

1、2塁として、ピッチャーの暴投の間に

1塁ランナーと2塁ランナーがそれぞれ

進塁してツーアウト2,3塁として、

2番の木代選手がファアボールを選んで出塁して

ツーアウト満塁として、3番の日置選手の

サード強襲タイムリーヒットで7-1とした。

打者14人を送る猛攻で一気に7点を取る

ビックイニングとなった。

 

2回裏にも日大三高は5番の中村選手が

レフトオーバーのツーベースヒットで出塁して

ノーアウト2塁として、6番の佐藤コビイ選手が

デッドボールで出塁してノーアウト

1、2塁として、7番の上野選手がサード前の

犠牲バントでワンナウト2,3塁として、

次の柳沢選手のセカンドゴロで3塁ランナーが

ホームに生還して1点を取り8-1とした。

 

3回裏にも日大三高は2番の木代選手が

レフト線を破るツーベースヒットで出塁して

ノーアウト2塁として、3番の日置選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト

1、 2塁として、4番の大塚選手が

ピッチャーゴロでピッチャーがファーストへ

悪送球する間に2塁ランナーがホームに

生還して1点を取り1塁ランナーが

3塁に進んで、打者走者も2塁に進んで

ノーアウト2、3塁として、次の中村選手が

ショートフライでワンナウト2,3塁として、

6番の佐藤コビイ選手のレフトへの

犠牲フライで1点を取りなおツーアウト2塁

として、7番の上野選手のセンター前

タイムリーヒットで1点を取り11-1とした。

 

5回裏にも日大三高は4番の大塚選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト

1塁として、5番の中村選手もファアボールを

選んで出塁してノーアウト1、2塁として、

次の佐藤コビイ選手が空振り三振で

ワンナウト1,2塁として、7番の上野選手

レフトオーバーのタイムリーツーベースヒットで

1点を取りなおワンナウト2、3塁として、

次の河村選手がサードゴロでツーアウト

2、3塁として、ピッチャーの暴投の間に

3塁ランナーがホームに生還して1点を取り

13-1とした。

 

7回裏にも日大三高はまず4番の大塚選手の

レフトスタンドに入るソロホームランで

1点を取り、6番の佐藤コビイ選手の

代打の飯村選手がファアボールを選んで

出塁してワンナウト1塁として、

7番の上野選手もファアボーを選んで

出塁してワンナウト1,2塁として、

8番の河村選手のセンター前タイムリー

ヒットで1点を取りなおワンナウト

1、2塁として、次の佐藤英雄選手が

センターフライでツーアウト1、2塁として、

1番の金子選手のライト前タイムリー

ヒットで1点を取り16-1とした。

 

折尾愛真は8回表に9番の田島選手が

ショートへの内野安打で出塁して

ノーアウト1塁として、次の長野選手が

セカンドゴロでワンナウト2塁として、

2番の斉藤選手のレフトスタンドに入る

ツーランホームランで2点を取り

16-3とし意地を見せたが結局のところ

日本大学第三高校が勝利した。

 

第3試合は奈良大付属高校と

山形県の羽黒高校の試合となった。

 

奈良大付属は1回表に1番の宮川選手が

右中間を破るツーベースヒットで出塁して

ノーアウト2塁として、2番の植垣の

サードへのバントヒットでサードの

1塁悪送球の間に2塁ランナーがホームに

生還して1点を取り1-0と先制した。

 

5回表にも奈良大付属は9番の竹内選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、1番の宮川選手の

ライトスタンドに入るツーラン

ホームランで2点を取り3-0とした。

 

5回裏に羽黒は8番の篠田選手が

ショートへの内野安打で出塁して

ワンナウト1塁として、次の渡部選手が

空振り三振でツーアウト1塁として、

1塁ランナーが2塁に盗塁を決めて

ツーアウト2塁として、1番の鈴木選手の

センター前タイムリーヒットで

1点を取り3-1とした。

 

8回表にも奈良大付属は2番の植垣選手が

ライト前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、3番の東郷選手が

ライト前ヒットで1塁ランナーが

3塁に進んでノーアウト1、3塁として、

1塁ランナーが2塁に盗塁を決めて

ノーアウト2,3塁として、4番の

上野選手のセンターへの犠牲フライで

1点を取り4-1で奈良大付属高校が勝利した。

 

(つづく)

8月9日はとんでもなく悔しい夏の

1日というべきだろう。

 

第2試合で花巻東は負けてしまうし、

第1試合と第3試合は嫌いな高校同士の

潰し合いだから全く関心はないし

第4試合しか振り返る必要はない。

 

第4試合は興南高校と土浦日大高校の

試合となった。

 

5回裏に興南は7番の西里選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、8番の里選手がサードへの

内野安打で出塁してノーアウト1,2塁

として、9番の藤木選手がピッチャーゴロ

エラーでノーアウト満塁として、

1番の根路銘選手のレフトへの犠牲フライで

1点を取り2塁ランナーがタッチアップで

3塁に進んでワンナウト1、3塁として、

2番の仲村選手のレフト前タイムリーヒットで

1点を取り2-0とした。

 

6回表に土浦日大は1番の鈴木選手が

セカンドゴロエラーで出塁して

ワンナウト1塁として、2番の木原選手の

サードゴロでサードが、2塁でアウトに

しようと悪送球を投げた間に1塁ランナーが

3塁に進んでワンナウト1、3塁として、

1塁ランナーが2塁に盗塁を決めて

ワンナウト2、3塁として、

次の小菅選手のセカンドゴロで

3塁ランナーがホームに生還して

1点を取り2-1とした。

 

6回裏にも興南は5番の宮城選手が

左中間を破るツーベースヒットで

出塁してノーアウト2塁として、

暴投の間に2塁ランナーが3塁に進んで

ノーアウト3塁として、次の遠矢選手が

空振り三振でワンナウト3塁として、

7番の西里選手のライト前タイムリー

ヒットで1点を取り3-1とした。

 

8回裏にも興南は7番の西里選手が

ライト前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、次の里選手がセカンド

ファールフライでワンナウト1塁として、

9番の当山選手の左中間を破る

タイムリーツーベースヒットで

1点を取り、中継に入ったショートの

ホームへの悪送球の間に3塁に進んで

ワンナウト3塁として、1番の根銘選手の

センターへの犠牲フライで1点を取り、

2番の仲村選手がレフト前ヒットで

出塁してツーアウト1塁として、

1塁ランナーが2塁に盗塁を決めて

ツーアウト2塁として、3番の勝連選手の

ライト前タイムリーヒットで1点を取り

6-1とした。

 

9回表に土浦日大は8番の清水選手の

代打の磯貝選手のレフトスタンドに入る

スリーランホームランで6-2として

意地を見せたが6-2で興南高校が勝利した。


(つづく)

8月8日はめちゃくちゃ悔しい夏の1日

というべきだろう。

 

第1試合は日南学園高校と丸亀城西の

試合となった。

3回表に日南学園は8番の奥野選手が

レフト線を破るツーベースヒットで

出塁してノーアウト2塁として、

9番の辰巳選手がサード前の

犠牲バントで3塁に進んでワンナウト

3塁として、1番の中原選手の

センター前タイムリーヒットで

1点を取り1-0と先制した。

 

日南学園は8回表にも9番の

辰巳選手がセンター前ヒットで

出塁してノーアウト1塁として、

1番のセカンドゴロをセカンドが

2塁でアウトにしようと悪送球をして

1,2塁オールセーフでノーアウト

1, 2塁として、次の坂元選手が

併殺打を打ちツーアウト3塁として、

3番の箕尾選手のセンター前

タイムリーヒットで1点を取り

2-0として日南学園高校が勝利した。

 

第2試合は鹿児島実業高校が

負けたから振り返らない。

 

第3試合は大垣日大高校と

東海大熊本星翔高校の試合となった。

 

東海大星翔の得点シーンは振り返らない。

 

2点リードされた大垣日大は

2回裏に5番の小野寺選手の

ライトスタンドに入る

ソロホームランで1-2とした。

 

また1点を入れられて2点差とされた

大垣日大は4回裏に4番の修行選手が

セカンドオーバーのツーベースヒットで

出塁してノーアウト2塁として、

5番の小野寺選手がセンター前ヒットで

出塁してノーアウト1、3塁として

6番の中山選手がデッドボールで

出塁してノーアウト満塁として、

7番の堀本選手のライトスタンドに入る、

満塁ホームランで5-3と逆転した。

 

6回裏にも大垣日大は6番の中山選手が

レフトオーバーのツーベースヒットで

出塁してノーアウト2塁として、

7番の堀本選手がピッチャー前の

犠牲バントで3塁に進めてワンナウト

3塁として、8番の日高選手の

ショートゴロで3塁ランナーが

ホームに生還して1点を取り6-3とした。

 

7回裏にも大垣日大は2番の大竹選手が

レフト前ヒットで出塁してワンナウト

1塁として、3番の内藤選手が

キャッチャーの打撃妨害で出塁して

ワンナウト1、2塁として、

次の修行選手がレフトフライで

ツーアウト1,2塁として、

2塁ランナーが3塁に盗塁を決めて

ツーアウト1,3塁として、

5番の小野寺選手のライトスタンドに

入るスリーランホームランで

9-3として大垣日大高校が勝利した。

 

第4試合は鳴門高校が負けたから振り返らない。




(つづく)

カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 小中の航海日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]