忍者ブログ
2008年2月15日オープン
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

8月17日も、ちょっと悔しい夏の1日と

言わざるを得ないだろう。

 

第1試合は常葉大菊川高校が負けて

悔しいから振り返らない。

 

第2試合は秋田県代表の金足農業高校と

南神奈川代表の横浜高校の試合となった。

 

あらかじめ断っておくが横浜の得点シーンは

一切振り返らない。

2点リードされた金足農業は2番の

佐々木選手がライトオーバーのスリーベース

ヒットで出塁してツーアウト3塁として、

3番の吉田選手のセンターバックスクリーンに

入るツーランホームランで2点を取り

2-2の同点とした。

 

2点リードされた金足農業は8回裏に

3番の吉田選手がセンター前ヒットで

出塁してノーアウト1塁として、4番の

内川選手もセンター前ヒットで出塁して

ノーアウト1,2塁として、次の大友選手が

ピッチャーフライでワンナウト1,2塁として、

6番の高橋選手のセンターバックスクリーンに

入る、起死回生のスリーランホームランで

5-4としてこのまま金足農業高校が勝利した。

 

今まで金足農業高校の試合を振り返らなかったが

それには訳がある。

初戦は大好きな鹿児島実業高校が吉田投手の前に

1点しか取れずに敗退して、次は好きな

大垣日大高校が負けたことで意固地になって

いたのかも知れない。

本当なら秋田県の高校は冬の雪による

ハンディキャップがある東北の高校だから

間違いなく応援しているはずだからだ。

これからは応援して行きたいと思う。

 

第3試合は下関国際が勝ったから振り返らない。

 

第4試合は京都府代表の龍谷大平安高校と

西東京代表の日本大学第三高校の試合となった。

日大三高は3回裏に1番の金子選手が

センターバックスクリーンに入る先頭打者

ソロホームランで1点を先制した。

2番の木代選手がライト線を破る

スリーベースヒットで出塁してノーアウト

3塁として、3番の日置選手のライト前

タイムリーヒットで1点を取り0-2とした。

 

5回表に龍谷大平安は反撃した。

4番の松田選手がファアボールを選んで

出塁してノーアウト1塁として、5番の

馬場選手もファアボールを選んで出塁して

ノーアウト1,2塁として、6番の田島選手が

サード前の犠牲バントでワンナウト2,3塁

として、次の佐野選手のセカンドゴロで

1点を返しなおワンナウト3塁として、

8番の小寺選手のセンター前タイムリー

ヒットで1点を取り2-2の同点とした。

 

6回裏に日大三高は7番の飯村選手が

サード強襲ヒットで出塁してツーアウト

1塁として、8番の佐藤英雄選手のセンター前

ヒットで前進したセンターが打球を取ろうと

試みたが及ばずスリーベースヒットになり、

3塁ランナーがホームに生還して1点を取り

2-3とした。

 

7回表に龍谷大平安は7番の佐野選手が

ファアボールを選んで出塁してワンナウト

1塁として、次の小寺選手がセカンドゴロで

ツーアウト2塁として、9番の北村選手の

代打の生水選手のライト前タイムリーヒットで

1点を取り3-3の同点とした。

 

8回裏に日大三高は5番の中村選手が

ショートオーバのツーベースヒットで出塁して

ノーアウト2塁として、6番の小沢選手と

7番の飯村選手が連続の空振り三振でツーアウト

2塁として、8番の佐藤英雄選手が

ファアボールを選んで出塁してツーアウト

1,2塁として、9番の河村選手が

ファーストゴロエラーでツーアウト満塁として、

1番の金子選手がファアボールを選んで出塁して

押し出しのファアボールで1点を取り

3-4として日本大学第三高校が勝利した。

 

この日の試合はどちらの高校も好きな高校だから

どっちが勝ってもいい試合だったが、

なかなかの好試合で良かった。

 

これが一方的な試合だと後味の悪い試合と

なったから、接戦で本当に良かったと思う。

PR

8月16日もちょっと悔しい夏の1日と言える。

 

第1試合は関心がない。

 

第2試合は埼玉県代表の浦和学院高校と

東東京代表の二松学舎大学付属高校の試合となった。

 

浦和学院は3回裏に8番の畑選手がレフト前

ヒットで出塁してノーアウト1塁として、

次の渡辺選手がキャッチャーゴロでバント

失敗となり、ワンナウト1塁として、

1番の中前選手の左中間を破るタイムリー

スリーベースで1点を取りなおワンナウト

3塁として、2番の矢野選手がセンター前

タイムリーヒットで1点を取り2-0と先制した。

 

5回裏にも浦和学院は9番の渡辺が

レフト線を破るツーベースヒットで出塁して

ノーアウト2塁として、1番の中前選手が

キャッチャー前の犠牲バントで3塁に進んで

ワンナウト3塁として、2番の矢野選手の

センター前タイムリーヒットで1点を取り

なおワンナウト1塁として、3番の蛭間選手が

ライト前ツーベースヒットで出塁して

ワンナウト2,3塁として、次の上野選手が

空振り三振でツーアウト2,3塁として、

5番の佐野選手がファアボールを選んで

出塁してツーアウト満塁として、6番の

後藤選手のセカンドゴロをセカンドが弾く間に

ランナーが2人ホームに生還して2点を取り

5-0とした。

 

6回裏にも浦和学院は9番の渡辺選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト

1塁として、1番の中前選手がライト線を破る

ツーベースヒットで出塁してノーアウト

2,3塁として、2番の矢野選手のセンターへの

犠牲フライで1点を取り6-0として

浦和学院高校が勝利した。

 

第3試合は高知商業高校が負けて

悔しいから振り返らない。

 

第4試合は北大阪代表の大阪桐蔭高校と

富山県代表の高岡商業高校の試合となった。

 

2回表に高岡商業は4番の筏選手がレフト前

ヒットで出塁してノーアウト1塁として、

5番の石黒選手がファアボールを選んで

出塁してノーアウト1,2塁として、

6番の堀選手もファアボールを選んで

出塁してノーアウト満塁として、

次の井林選手が空振り三振でワンナウト

満塁として、8番の田嶋選手がファアボールを

選んで出塁して押し出しのファアボールで

1点を取り0-1と先制した。

 

3回裏に大阪桐蔭は反撃を開始した。

1番の宮崎選手がライト前ヒットで出塁して

ワンナウト1塁として、2塁に盗塁を成功させて

ワンナウト2塁として、2番の青地選手が

ファアボールを選んで出塁してワンナウト

1,2塁として、3番の中川選手が左中間を

破る2点タイムリーツーベースヒットで

2点を取り2-1と逆転した。

 

6回裏にも大阪桐蔭は4番の藤原選手が

ファーストゴロエラーで出塁したが

2塁に盗塁を試みたがアウトにワンナウト

ランナーなしになったが、5番の根尾選手が

ライト線を破るツーベースヒットで出塁して

ワンナウト2塁として、次の石川選手が

サードゴロでツーアウト2塁として、

7番の山田選手のレフトオーバーの

タイムリーツーベースヒットで1点を取り

3-1として大阪桐蔭高校が勝利した。

この日の試合はこれで終わりである。

8月15日はちょっと悔しい1日になった。

 

第1試合は関心がないから振り返らない。

 

第2試合は沖縄県代表の興南高校と

東千葉代表の木更津総合高校の試合となった。

 

2回表に木更津総合は7番の田中選手が

ショートゴロエラーで出塁してツーアウト

1塁として、8番の大曽根選手の左中間への

タイムリーヒットで1塁ランナーが一気に

ホームに生還して1点を取り0-1と先制した。

 

5回表にも木更津総合は1番の東選手の

レフトスタンドに入るソロホームランで

0-2とした。

 

7回表にも木更津総合は8番の大曽根選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト

1塁として、9番の小池選手がバント失敗で

ワンナウト1塁として、1塁ランナーが

ピッチャーの牽制球でアウトになり

ツーアウトランナーなしとなり、

1番の東選手がファアボールを選んで

出塁してツーアウト1塁として、暴投の間に

2塁に進んでツーアウト2塁として、

2番の神子選手のセンター前ヒットで

1点を取り0-3とした。

 

8回表にも木更津総合は3番の山中選手が

レフト前ヒットで出塁してノーアウト

1塁として、次の野尻選手がセカンドゴロで

ワンナウト2塁として、5番の太田選手の

サードゴロをサードがエラーしてサードが

ファーストに悪送球する間に2塁ランナーが

ホームに生還して1点を取り、打者走者が

2塁に進んでワンナウト2塁として、

6番の神山選手がファアボールを選んで出塁して

ワンナウト1,2塁として、7番の田中選手が

センター前ヒットで出塁してワンナウト満塁

として、8番の大曽根選手がサード前の

スクイズが成功して1点を取り0-5とした。

 

9回表にも木更津総合は3番の山中選手が

レフト前ヒットで出塁してワンナウト

1塁として、次の野尻選手がセンターフライで

ツーアウト1塁として、5番の太田選手が

左中間を破るツーベースヒットでツーアウト

2,3塁として、ライト線を破る2点

タイムリーツーベースヒットで2点を取り

0-7で木更津総合高校がまた勝ってしまった。

 

興南高校は全くいいところがなかった。

 

第3試合は西東京代表の日本大学第三高校と

奈良県代表の奈良大学付属高校の試合となった。

 

1回表に日大三高は2番の木代選手が

ライト前ヒットで出塁してワンナウト1塁として、

次の日置選手がサードライナーでツーアウト

1塁として、4番の大塚選手がライト前ヒットで

ツーアウト1,2塁として、5番の中村選手の

右中間を破る2点タイムリーツーベースヒットで

2-0とした。

 

3回表にも日大三高は2番の木代選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト1塁

として、3番の日置選手がデッドボールで

出塁してノーアウト1,2塁として、

4番の大塚選手がファースト前の犠牲バントで

ワンナウト2,3塁として、次の中村選手が

空振り三振でツーアウト2,3塁として、

6番の小沢選手のレフト前タイムリーヒットで

1点を取り3-0とした。

 

6回表にも日大三高は6番の小沢選手が

ファアボールを選んで出塁してワンナウト1塁

として、7番の飯村選手がライト前ヒットで

ワンナウト1,2塁として、8番の佐藤英雄選手の

ショート強襲ヒットで1点を取りなおワンナウト

1,2塁として、9番の河村選手がピッチャー前の

犠牲バントでツーアウト2,3塁として、

1番の金子選手のセカンドへのタイムリーヒットで

1点を取り5-0とした。

 

6回裏に奈良大付属は反撃した。

1番の宮川選手がレフト線を破るツーベースヒットで

ノーアウト2塁として、次の植垣選手が

レフトフライでワンナウト2塁として、

キャッチャーがパスボールする間に2塁ランナーが

3塁に進んでワンナウト3塁として、

3番の東郷選手がファアボールを選んで出塁して

ワンナウト1,3塁として、4番の上野選手の

レフトスタンドに入るスリーランホームランで

3点を取り5-3とした。

 

8回表にも日大三高は5番の中村選手が

レフト前ヒットで出塁してノーアウト1塁として、

6番の小沢選手の代打の髙木選手が

ファーストゴロでワンナウト2塁として、

次の飯村選手がサードフライでツーアウト

2塁として、8番の佐藤英雄選手の

センター前タイムリーヒットで1点を取り

6-3とした。

 

9回表にも日大三高は4番の大塚選手の

レフトスタンドに入るツーランホームランで

2点を取り8-3とした。

 

9回裏に奈良大付属は6番の植村の代打の

木平選手がレフト前ヒットで出塁して

ワンナウト1塁として、7番の渕上選手の

代打の吉田選手がショート強襲ヒットで

1塁ランナーが3塁に進んでワンナウト

1,3塁として、8番の竹内選手の

ピッチャーゴロでピッチャーが2塁に

悪送球する間に3塁ランナーがホームに

生還して1点を取り8-4としたがここまでで、

結局8-4で日本大学第三高校が勝利した。

 

この試合はどちらが勝ってもいい試合だったが

どちらかと言えばやはり日本大学第三高校に

勝ってもらいたかった。

 

しかし奈良大付属高校には感謝している。

おかげで今年の夏は天理と智弁を見なくて

済んだのだから。

 

第4試合は京都府代表の龍谷大平安高校と

青森県代表の八戸学院光星高校の試合となった。

 

龍谷大平安は2回表に4番の松田選手が

レフト前ヒットで出塁してノーアウト1塁として、

5番の馬場選手がピッチャーゴロエラーで

ノーアウト1,2塁として、6番の田島選手が

ファースト前の犠牲バントでワンナウト

2,3塁として、7番の佐野選手のサードゴロを

サードが、ホームでアウトにできると思い

ホームに送ったがセーフになり1点が入り、

なおワンナウト1,3塁として、8番の

小寺選手のセンター前タイムリーヒットで

1点を取りなおワンナウト1,3塁として、

1塁ランナーが2塁に盗塁を決めて

ワンナウト2,3塁として、9番の北村選手の

ショートゴロエラーで3塁ランナーがホームに

生還して1点を取り3-0とした。

 

2回裏に八戸学院光星は反撃した。

5番の下山選手がデッドボールで出塁して

ノーアウト1塁として、6番の矢野選手が

サード前犠牲バントで2塁に進めて、

た井選手のレフト前タイムリーヒットで

1点を取り3-1とした。

 

3回表に龍谷大平安は2番の安井選手が

レフト線を破るツーベースヒットで

出塁してノーアウト2塁として、3番の

松本選手がライト前ヒットでノーアウト

1,3塁として、4番の松田選手の

ショートオーバのタイムリーヒットで

1点を取り、ノーアウト1,2塁として、

5番の馬場選手がピッチャー前の

犠牲バントでワンナウト2,3塁として、

6番の田島選手のライト前2点

タイムリーヒットで2点を取り6-1とした。

 

7回表にも龍谷大平安は2番の安井選手が

レフト前ヒットで出塁してワンナウト1塁

として、3番の松本選手のショートを

強襲した打球がレフト前に抜けて

ツーベースになりワンナウト2,3塁として、

次の松田選手がファーストフライで

ツーアウト2,3塁として、5番の馬場選手の

セカンド強襲への2点タイムリーヒットで

8-1とした。

 

8回表にも龍谷大平安は8番の小寺選手が

センター前ヒットで出塁してワンナウト

1塁として、9番の北村選手がピッチャー前の

犠牲バントでツーアウト2塁として、

1番の水谷選手のセンター前へのタイムリー

ツーベースヒットで1点を取り、2番の安井選手の

レフト前タイムリーヒットで1点を取り

10-1とした。

 

9回表にも龍谷大平安は4番の松田選手が

ライト前ヒットで出塁してノーアウト1塁として、

5番の馬場選手がレフト前ヒットで出塁して

ノーアウト1,2塁として、6番の田島選手が

ピッチャー前の犠牲バントでワンナウト

2,3塁として、次の佐野選手がショート

ライナーでツーアウト2,3塁として、

8番の小寺選手の右中間への2点

タイムリーヒットで2点を取り

12-1として龍谷大平安高校が勝利した。

 

まさか強打の八戸学院光星高校が1点しか

取れないとは思わなかった。

小寺投手が素晴らしい投球だった。

これで龍谷大平安高校は甲子園通算101勝となった

新たな歴史を踏み出したといえるだろう。

8月14日はめちゃくちゃ悔しい1日だった。

応援した高校が1校しか勝てなかったからだ。

こんな悪日もめったにない!!

まあ気を取り直して振り返ることにする。

 

第1試合は静岡県代表の常葉菊川高校と

宮崎県の日南学園高校の試合となった。

 

3回裏に常葉菊川は1番の奈良間選手が

レフトオーバーのツーベースヒットで出塁して

ワンナウト2塁として、2番の東選手が

ライト前ヒットでワンナウト1,3塁として、

1塁ランナーが2塁に盗塁を失敗して

ツーアウト3塁として、3番の鈴木選手の

レフト前タイムリーヒットで1点を取り

1-0と先制した。

 

6回裏にも常葉菊川は6番の榛村選手が

レフトオーバーのスリーベースヒットで

出塁してツーアウト3塁として、

7番の柳沼選手の代打の岡田選手の

ショートへのタイムリー内野安打で1点を取り

2-0とした。

 

8回裏にも常葉菊川は4番の根来選手が

左中間を破るツーベースヒットで出塁して、

ピッチャーのけん制悪送球の間に3塁に進んで

ワンナウト3塁として、5番の伊藤選手の

ライト前タイムリーヒットで1点を取り

3-0として常葉菊川高校が勝利した。

 

この試合はどちらも好きな高校なので

どちらが勝っても良かったが、常葉菊川高校は

久しぶりの勝利だったからまあよかった。

 

第2試合は大垣日大高校が負けて悔しいから振り返らない。

 

第3試合も振り返らない。

 

この日の試合はこれで終わりである。

8月13日はちょっと悔しい1日となった。

第1試合は北大阪代表の大阪桐蔭高校と

南福岡代表の沖学園高校の試合となった。

沖学園は振り返らない。

 

1点リードされた大阪桐蔭は4回裏に3番の

中川選手がレフトオーバーのツーベースヒットで

出塁してノーアウト2塁として、4番の藤原選手の

左中間を破るタイムリーツーベースヒットで

1-1の同点に追いついた。

なおノーアウト2塁として、5番の根尾選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト1,2塁

として、6番の山田選手のピッチャー前の犠牲バントで

ワンナウト2,3塁として、ピッチャーの暴投の間に

3塁ランナーがホームに生還して1点を取り

2-1と逆転した。

 

5回表にホームランで同点とされた大阪桐蔭は

5回裏に1番の宮崎選手がレフト前ヒットで

出塁してノーアウト1塁として、2番の青地選手も

レフト前ヒットでヒットエンドランがかかっていて、

1塁ランナーが3塁に進んでノーアウト1,3塁

として、3番の中川選手のレフトへの犠牲フライで

1点を取り3-2とした。

 

6回表に同点に追いつかれた大阪桐蔭は6回裏に

根尾選手がセンター前ヒットで出塁したが

2塁への盗塁を試みたがアウトになり

ワンナウトランナーなしで次の山田選手が空振り三振で

ツーアウトランナーなしとなったが、7番の

石川選手がセンター前ヒットで出塁してツーアウト

1塁として、8番の小泉選手がレフト前ヒットで

1塁ランナーが3塁に進んで、レフトのサードへの

送球の間に打者走者が2塁に進んでツーアウト

2,3塁として、9番の井坂選手がデッドボールで

出塁してツーアウト満塁として、1番の宮崎選手が

サードへの強襲ヒットで1点を取りなお満塁として、

2番の青地選手がレフト前2点タイムリーヒットで

2点を取り、ピッチャーのセカンドへの悪送球の間に

1塁ランナーがホームに生還して1点を取り

7-3とした。打者9人を送る猛攻となった。

 

7回裏に大阪桐蔭は5番の根尾選手のセンター

バックスクリーンに入るソロホームランで

8-3とした。今大会の根尾選手の初ホームランだった。

 

8回裏に大阪桐蔭は2番の青地選手が

右中間を破るスリーベースヒットで出塁して

ノーアウト3塁として、次の中川選手が空振り

三振に倒れたが4番の藤原選手がレフトスタンドに

入るツーランホームランで10-4として

大阪桐蔭高校が勝利した。

藤原選手も今大会初のホームランだった。

 

第2試合は長野県代表の佐久長聖高校と

富山県代表の高岡商業高校の試合となった。

 

1回裏に高岡商業は1番の森田選手が

ファアボールを選んで出塁してノーアウト1塁

として、3番の中村選手の左中間を破る

タイムリーツーベースヒットで1点を取り

1-0とした。

 

2回裏に高岡商業は7番の井林選手がセンター前

ヒットで出塁してノーアウト1塁として、

8番の田嶋選手がピッチャー前の犠牲バントで

2塁に進めてワンナウト2塁として、

9番の山田選手がレフトオーバーのタイムリー

ツーベースヒットで1点を取りなおワンナウト

2塁として、次の森田選手がセカンドゴロで

ツーアウト3塁として、2番の鞍田選手の

レフト線を破るタイムリーツーベースヒットで

1点を取り3-0とした。

 

3回表に佐久長聖も反撃を開始した。

2番の上田選手がショートへの内野安打で

出塁してノーアウト1塁として、3番の上神選手が

ライト前ヒットでスタートを切っていた

1塁ランナーが3塁に進んでノーアウト1,3塁

として、次の西藤選手がセカンドゴロで併殺崩れの間に

3塁ランナーがホームに生還して1点を取り

3-1とした。

 

4回裏に高岡商業は1番の森田選手がセンター前

ヒットで出塁して、ピッチャーの暴投で2塁に進んで

ノーアウト2塁として、2番の鞍田選手の

ピッチャー前の犠牲バントでピッチャーが

3塁でアウトにできると思って3塁に投げたが

セーフになってノーアウト1,3塁として、

3番の中村選手がサードへのバントヒットで

3塁ランナーがホームに生還して1点を取り、

サードがファーストへの送球の間に1塁ランナーが

3塁に進んでノーアウト1,3塁として、

次の筏選手の併殺打の間に3塁ランナーが

ホームに生還して1点を取り5-1とした。

 

6回表に佐久長聖は4番の西藤選手が

デッドボールで出塁してノーアウト1塁として、

5番の鈴木選手の代打の樋口選手が

レフト線を破るツーベースヒットで

ノーアウト2,3塁として、6番の斉藤選手の

レフト前2点タイムリーヒットで2点を取り

5-3とした。

 

9回表に佐久長聖は7番の堀北選手が

センター前ヒットで出塁してノーアウト1塁

として、8番の小山選手の代打の上原選手が

センター前ヒットでノーアウト1,2塁として、

9番の北畑選手の代打の大池選手が

バント失敗してファーストフライで

ワンナウト1,2塁として、1番の真鍋選手が

ショートゴロでツーアウト1,2塁として、

2番の上田選手のショートゴロをショートが

エラーして2塁ランナーがホームに生還して

1点を取り5-4としたが、ここまでで

5-4と高岡商業高校が勝利した。

 

9回表の佐久長聖の攻撃でバント失敗とかが

なければどうなるか分からない試合だった。

 

第3試合は前橋育英高校が負けたから振り返らない。

これでこの日の試合はこれで終わりである。

カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 小中の航海日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]